1. ホーム>
  2. 経済産業省のクラウド化支援事業を活用し、クラウド移行を実現させよう!

経済産業省のクラウド化支援事業を活用し、クラウド移行を実現させよう!

「経済産業省のクラウド化支援事業を活用し、クラウド移行を実現させよう!」は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

補助金を活用し、クラウド移行を実現! オンプレミス環境からクラウドへ! 仮想プライベートクラウド 経済産業省のクラウド化支援事業 補助率 移行費用の1/3または1/5 申請期間 2014年11月末まで bit-driveの仮想プライベートクラウドサービス(IaaS)が、経済産業省のクラウド化支援事業の補助金の交付対象サービスとして登録されました。

bit-driveの仮想プライベートクラウドサービスが、経済産業省の「平成26年度 中小企業等省エネルギー型クラウド利用実証支援事業費補助金(データセンターを利用したクラウド化支援事業)」の補助金の交付対象サービスとして登録されました。

この支援事業では、オンプレミスやデータセンターのハウジングサービスで、情報システムを運用している企業が、省エネ性に優れたクラウドサービスへ移行する場合に、その移行費用の1/3または1/5の補助を受けることができます。

クラウド移行をお考えのお客さまは、ぜひ、この補助事業の活用と弊社クラウドサービスの利用をご検討ください。

補助金支給までの流れ

交付申請~補助金支給まで、お客さまには (1) ~ (5) の作業を実施していただきます。
交付審査、補助金支給は、本事業の執行団体 一般社団法人 環境共創イニシアチブがおこないます。

  • 交付申請

    (1) 移行前システムの消費電力を実際に測定

    (2) 移行費用を見積り

    (3) 移行先のクラウドを指定して申請

  • 交付決定

    審査
    (移行前と移行後で消費電力が削減されていることを確認)

    交付決定
    (契約が成立)

  • 移行作業

    (4) 対象経費の支払いやシステム移行等の完了

  • 完了報告

    (5) クラウド移行の完了を報告

  • 補助金支給

    検査後、補助金が支給される

※スケジュールは変動の可能性がございます。詳細は執行団体までお問い合わせください。

  • 移行費用の概算を知りたい
  • 実際にクラウドに移行できるかを知りたい
  • クラウド移行のスケジュールが間に合うか知りたい
  • 消費電力の計算方法を知りたい

クラウド移行について、お気軽にお問い合わせください。

補助対象経費

(1) 現行システムの改修・移行作業に要する費用、(2) クラウドサービスの初期費用、(3) 移行期間中のクラウドサービス利用費用が対象です。

移行作業費 (1) 現行システムの改修・移行作業に要する費用
イ)設計(基本設計・詳細設計)
ロ)構築
ハ)テスト
二)データ移行
ホ)本番環境構築
物品・サービス費 (2) クラウドサービスの初期費用、(3) 移行期間中のクラウドサービス利用費用
イ)クラウドサービス利用料
・クラウドサービスの初期費用及びサブスクリプションに基づく利用料
・インフラ利用料(サーバ、ディスク装置、ネットワーク機器等)

補助率と金額

移行費用の1/3または1/5の補助を受けることができます。

中小企業※ 1/3(補助額上限1,500万円、下限20万)
その他 1/5(補助額上限3,000万円、下限20万)

※中小企業基本法第2条に準じ、以下の通り中小企業者を定義します。

業種 資本金基準 従業員基準
資本の額または
出資の総額
常時使用する
従業員
1.製造業、建設業、運輸業、その他
(以下の1’は除く)
3億円以下 300人以下
1’.ゴム製品製造業
(自動車または航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く)
3億円以下 900人以下
2.卸売業 1億円以下 100人以下
3.小売業 5千万円以下 50人以下
4.サービス業
(以下の4'と4''は除く)
5千万円以下 100人以下
4'.ソフトウェア業、情報処理サービス業 3億円以下 300人以下
4''.旅館業(旅館業法 昭和23年法律第138号に規定する旅館業) 5千万円以下 200人以下
5. 以下の組合(構成員の2/3以上が中小企業者である場合に限る)
・事業協同組合、事業協同小組合、火災共済協同組合、信用協同組合、協同組合連合会、企業組合(中小企業等協同組合法 昭和24年法律第181号に規定する組合)
・協業組合、商工組合、商工組合連合会(中小企業団体の組織に関する法律 昭和32年法律第185号に規定する中小企業団体)
・商店街振興組合、商店街振興組合連合会(商店街振興組合法 昭和37年法律第141号に規定する組合)

補助金の交付対象サービス bit-driveの仮想プライベートクラウドサービス(IaaS)の特長

お客さまのニーズに合わせフレキシブルな仮想化基盤の活用を可能にするbit-driveのIaaSは、クラウド移行先として最適です。ぜひご検討ください。

仮想プライベートクラウドだからオンプレミスと同じ感覚で利用できる

アクセシビリティやセキュリティは高い信頼性をもってご利用いただくことが可能です。

高品質の基盤運用による安心のIaaS基盤のご提供

お客さまの運用負荷の軽減に貢献致します。

お客さまのニーズに合わせた選べるIaaSのロケーション

BCP対策として本社から離れたサイトを選択いただく、もしくはIaaSを両サイトご契約いただきDR対策としてご活用いただくことも可能です。

  • 移行費用の概算を知りたい
  • 実際にクラウドに移行できるかを知りたい
  • クラウド移行のスケジュールが間に合うか知りたい
  • 消費電力の計算方法を知りたい

クラウド移行について、お気軽にお問い合わせください。

支援事業の詳細について

一般社団法人 環境共創イニシアチブ
一般社団法人 環境共創イニシアチブ(略称:SII)のサイト別ウィンドウで開きます

bit-driveお問い合わせ先

bit-driveインフォメーションセンター
フリーダイヤル 0120-614-006 (携帯電話・PHSからでもOK)
【受付時間】9:00~18:00 ただし、土日・祝日・夏季休暇・年末年始を除く
bit-drive インフォメーションセンターお問い合わせフォーム

  1. ホーム>
  2. 経済産業省のクラウド化支援事業を活用し、クラウド移行を実現させよう!