1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. bit-driveとは>
  3. bit-driveのクラウドとは>
  4. bit-driveのクラウドサービスの特徴

bit-driveのクラウドサービスの特徴

コストパフォーマンスとセキュリティを追求した
クラウド活用の現実解

仮想プライベートクラウドによる"いいとこ取り"

オンプレミスの社内システムからクラウドへの移行を検討する際、どうしても気になるセキュリティ対策を仮想プライベートクラウドで実現。企業のクラウド活用における「スケールメリット」と「セキュリティの確保」双方のメリットを得られる現実的なクラウド活用を推進することができます。

パブリック・クラウド

インターネットなどで接続

不特定多数を対象に提供される
クラウドサービス

メリット

  • コストが安い
  • 自社でのシステム構築が不要
  • 保守運用が楽に

デメリット

  • インターネット回線を利用するセキュリティへの不安
  • 外部システムのため情報漏えいリスクが高い
  • トラブル時の対応窓口が一本化できない

プライベート・クラウド

閉域網などで接続

1社もしくは特定の利用者のみを
対象に提供されるクラウドサービス

メリット

  • 接続のセキュリティが高い
  • 社内ホスティングのため情報漏えいリスクが低い

デメリット

  • 規模が大きくなければ専有できない
  • 比較的コストが高い

現実解は仮想プライベートクラウド

パブリッククラウドのスケールメリットを活かしつつ、
VPNのセキュアな接続を使うことで仮想的にプライベートクラウド環境を構築

クラウド上に仮想化で専用サーバを提供
クラウドとお客様拠点をインターネットVPN化

クラウドの利点を最大限に活かすSaaS等のサービス群

ファイルサーバー、ストレージ、データベース、メール、ウェブといった基幹となるアプリケーションの仮想化を実現。さらに、クラウド環境上で稼働するグループウェア、セキュリティサービス、フィルタリング、IT資産管理、メールアーカイブなどSaasを用意し、お客様のご要望に合わせたクラウド活用をご提案することができます。

  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. bit-driveとは>
  3. bit-driveのクラウドとは>
  4. bit-driveのクラウドサービスの特徴