1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. インターネット接続>
  4. フレッツタイプ>
  5. 光ファイバーインターネット接続サービス"ファイバーリンク">
  6. ファイバーリンクIPv4/v6デュアル IPv6シングル よくあるご質問

光ファイバーインターネット接続サービス"ファイバーリンク"ファイバーリンクIPv4/v6デュアル IPv6シングル
よくあるご質問

ファイバーリンクIPv4/v6デュアル IPv6シングル よくあるご質問

ファイバーリンク IPv4/v6デュアル、IPv6シングルにおけるIPv6インターネット接続に関するご質問と回答です。

サービスについて

Q1:どのようなサービスですか?
A1:NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光ネクスト」をアクセスラインに採用し、グローバルIPv6アドレスを固定的に割り当て、IPv6インターネット接続を提供するサービスです。
ファイバーリンク IPv4/v6デュアルでは、従来のIPv4インターネット接続の提供にIPv6インターネット接続をあわせて提供するサービスです。
Q2:NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光ネクスト」のどのメニューに対応していますか?
A2:サービス内容をご覧ください。
Q3:どのような利用に適していますか?
A3:広がりつつある次世代インターネット IPv6(※)に対応した接続サービスです。IPv6インターネットへアクセスを対応を検討しているお客さま、IPv6インターネットへの情報発信を検討しているお客さまに適したサービスです。
  • ※IPv6インターネットは、まず、アジア、携帯のネットワークで普及が進むと言われています。
Q4:利用できる地域に制限はありますか?
A4:ご提供エリアページにてご確認ください。
Q5:品質は保証されますか?
A5:本サービスは、ネットワークを複数のお客さまで共用するベストエフォート型サービスです。そのため、品質についてはネットワークの混雑状況により変化します。また、「フレッツ光ネクスト」を利用するため、同サービスの回線状況によっても品質は変化します。なお、お客さまがご使用されるコンピュータ(ルータ等ネットワーク機器を含む)の電源を切られていた場合など、IPv6 PPPoE接続が切断されている場合には外部からの接続はできなくなります。IPv6 PPPoE接続が切断された場合は、お客さま側から再接続していただく必要がありますのでご注意ください。
Q6:オプションサービスにはどのようなものがありますか?
A6:詳しくはbit-driveインフォメーションセンターまでお問い合わせください。
Q7:トラフィックレポートサービスはありますか?
A7:はい、ネットワークサービスのサポートツール"bit-tools"でご確認いただけます。

ルータ・機器について

Q1:どのような機器を用意すればよいでしょうか?
A1:お客さまの接続先の設備はNTTの設備となりますので、詳細についてはNTTの窓口にお問い合わせください。LANケーブルや端末のインタフェースはお客さまにてご用意いただく必要があります。複数台でご利用の場合は、IPv6 PPPoE対応のルータをご利用ください。
Q2:回線終端装置の設定はどのようにするのですか?IPv6アドレスを回線終端装置に設定するのですか?
A2:本サービスをご利用いただくにあたり、回線終端装置の設定は不要です。回線終端装置の設定についてはNTT東日本・NTT西日本にお問い合わせください。
Q3:PPPoEに対応したルータであれば使用するルータに制限はありませんか?
A3:マネージドVPN"ダイナミックリンク"、マネージドイントラネットマネージドルータ(Cisco series)をご利用いただければ、IPv6インターネット接続に必要なルータや設定(※)を提供いたします。
  • ※マネージメントツールにより、管理・運用も簡単に行なえます。
    また、お客さまでフレッツ 光ネクスト IPv6 PPPoEサービスに対応したルータ(※)やアダプタ(NTT東日本、西日本提供)を準備し、設定することによりご利用できます。
  • ※以下の機能があることを確認ください。
  • MSSを1414byte以下に設定できること
  • unnumbered接続に対応していること
ファイバーリンク IPv4/v6デュアル IP1では必須となります。

IPv6アドレス・ドメイン関連について

Q1:IPv6アドレスは固定ですか?
A1:はい、固定のIPv6アドレスを割り当てます。
Q2:利用できるIPv6アドレスはどれくらいですか?
A2:プレフィックス長が48(※)の固定のIPv6アドレスを提供します。
  • ※65,536個のサブネットが利用可能です。十分なアドレス空間の利用が可能となります。
Q3:どのようにしてIPv6アドレスを固定的に割り当てるのですか?
A3:お客さまが使用されるルータ等ネットワーク機器よりIPv6 PPPoE接続を行い、弊社RADIUSサーバでの認証後、お客さまのルータにIPv6アドレス(プレフィックス)を固定的に割り当てます。
Q4:すでにIPv6アドレスを取得している場合、IPv6アドレスの持ちこみは可能ですか?
A4:本サービスへのIPv6アドレスの持ちこみはできません。新たに弊社側でIPv6アドレスの割り当てをさせていただきます。
Q5:移転をするとIPv6アドレスは変わりますか?
A5:移転される場合、IPv6アドレスが変更になる場合もあります。変更の場合、それまでご利用いただいたIPv6アドレスは一旦返却していただき、新しいIPv6アドレスを割り当てさせていただきます。
Q6:割り当てられるIPアドレスはお客さま名義となりますか?
A6:割り当てられるIPv6アドレスはお客さま名義となります。
Q7:独自ドメインの利用・DNSサーバ設置は可能ですか?
A7:お客さま独自のドメインによるご利用、お客さま宅内へのDNSサーバ設置が可能です(セカンダリDNSサービスについても提供します)。
Q8:セカンダリDNSは提供してもらえますか?
A8:セカンダリDNSは、ドメイン1つまで無料で提供しております。2つ目以降のドメインは、セカンダリDNS維持管理料として、それぞれのドメインにつき年間5,000円(税抜)がかかります。また、プライマリDNSのご提供は現在行っておりません。

申し込み・導入について

Q1:新規申し込みはどのようにして行えばよいですか?
A1:「ファイバーリンク」のお申し込みと、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」のお申し込みが必要となります。NTT東日本・NTT西日本へ「フレッツ光ネクスト」を先にお申し込みいただき、フレッツの開通予定日が確定されたうえで本サービスにお申し込みください。本サービスのお申し込みについては、弊社営業担当までお申し付けください。
Q2:申し込みから開通までどのくらいかかりますか?
A2:標準開通期間は申し込み書を記入し、申し込みを行ってから2週間程度です。ただし、お客さまの独自ドメインの代行申請を伴う場合はドメインの種類にもよりますが、申し込み書を記入し、申し込みを行ってから約3週間から1ヶ月程度の標準開通期間となります。NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」が開通したうえでお申し込みください。

サービスについて

Q1:ファイバーリンク IPv4シングルを利用しているが、IPv6インターネット接続も利用したいのだが、変更手続きは必要ですか?
A1:はい、必要です。
"お客さまサポートサイト"にある"各種手続き"の"ファイバーリンクの変更手続き"をご覧いただき、変更手続きを行ってください。
Q2:サービスを利用するのにNTT東日本・NTT西日本のアクセス回線に制限事項はありますか?
A2:NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光ネクストを利用していることが必要です。
NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光ネクスト以外(Bフレッツ等)をご利用のお客さまは、フレッツ光ネクストに変更後、お申し込みください。フレッツの変更申し込みは、NTT東日本・西日本にお申し込みください。
Q3:「ファイバーリンク IPv4シングル light IP8」から「ファイバーリンク IPv4/v6デュアル light IP8」に変更する場合、利用していたIPv4アドレスは引き続き利用できますか?
A3:はい、引き続き同じIPv4アドレスを利用できます。
Q4:サービスタイプまたはプランを変更する場合、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ」の変更申し込みも必要ですか?
A4:サービスタイプを変更する場合は、弊社側へのお申し込みのみが必要です。また、「フレッツ」のタイプ変更を伴う場合は、NTT東日本・NTT西日本に対しても変更申し込みが必要になります。
Q5:bit-driveのファイバーリンク以外のインターネット接続サービスからファイバーリンク IPv6インターネット接続を利用するには、申し込みが必要ですか?
A5:はい、必要です。
ご利用中のインターネット接続サービスを解約頂き、新規にファイバーリンク IPv4/v6デュアル、またはファイバーリンク IPv6シングルを申込みください。
ファイバーリンク IPv6シングルはIPv4インターネットの接続は提供していませんので、ご注意ください。
Q6:bit-driveのファイバーリンク以外のインターネット接続サービスからファイバーリンク IPv4/v6デュアルに変更する場合、変更前に利用していたIPv4アドレスは継続利用できますか?
A6:変更前に利用していたIPv4アドレスとは異なるIPv4アドレスを新規に割り当てます。
Q7:既存の光ネクスト回線が利用できますか?
A7:IPv4/v6デュアルサービスであれば、これまでのIPv4インターネット接続に加え、IPv6インターネット接続が利用可能です。
光ネクストにはセッション数の制限があります。IPv6インターネット接続をご利用頂くには、IPv6インターネット接続用のセッションが必要です。ネットワーク構成によっては、NTT東日本、西日本にセッション数増加の手続きが必要な場合があります。利用中の光ネクストにセッションが追加できるとをご確認ください。セッション数の制限と利用中のセッション数については、NTT東日本、NTT西日本にお問い合わせください。
Q8:光ネクストのセッション数の制限を変更したい場合は?
A8:NTT東日本、NTT西日本の窓口にお問い合わせください。
Q9:IPv6インターネット接続を利用するには、どのような機器が必要ですか?
A9:マネージドVPN"ダイナミックリンク"、マネージドイントラネットマネージドルータ(Cisco series)をご利用いただければ、IPv6インターネット接続に必要なルータや設定(※)を提供いたします。
  • ※マネージメントツールにより、管理・運用も簡単に行なえます。
また、お客さまでフレッツ 光ネクスト IPv6 PPPoEサービスに対応したルータ(※)やアダプタ(NTT東日本、西日本提供)を準備し、設定することによりご利用できます。
  • ※MSSを1414byte以下に設定できること

料金・お支払いについて

Q1:料金の請求はbit-driveからまとめてくるのですか?
A1:bit-driveの利用料金については、月額利用料および初期費用とも弊社よりお客さまに請求させていただきます。「フレッツ光ネクスト」の月額利用料および初期費用については、NTT東日本・NTT西日本にお問い合わせください。
Q2:料金の支払い方法について教えてください。
A2:銀行自動振替え、郵貯自動払込み、請求書によるお支払いをご利用いただけます。なお、「フレッツ」に関わる料金についてはNTT東日本・NTT西日本にお問い合わせください。
Q3:申し込み時の施設設置負担金は必要ですか?
A3:不要です。
Q4:月途中での開通の場合(解約の場合)利用料金の日割りはできますか?
A4:はい。月途中加入、解約については利用料金を日割り計算で請求します。
Q5:現在契約しているほかのbit-driveサービスから移行する時に注意する点は何ですか?
A5: ほかのbit-driveサービスから移行される場合、以下の点にご留意ください。
  • IPv4アドレスが変更になる場合があります。
  • 長期継続利用料割引、最低利用期間の満了に至らない場合、違約金が発生する場合があります。
  • お客さまのルータが本サービスに対応していることが必要です。
Q6:IPv6アドレス申請手数料は必要ですか?
A6:無料です。

サポート体制について

Q1:ファイバーリンクサービスには、どのような保守・障害サポートがありますか?
A1:ファイバーリンク回線の障害時は、bit-driveサポートデスク(24時間365日受付・対応)にて対応・復旧のサポートを行ないます。
また、お客さま回線の故障時にbit-drive回線部分のみでなく、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」各サービスまでを含めて一元的な故障受付の行うフレッツ一元保守受付サービスもあります。

ご利用条件について

Q1:最低利用期間はありますか?
A1:1ヶ月となっております。
Q2:臨時契約はできますか?
A2:臨時契約はできません。
Q3:ファイバーリンクサービスで利用できるトラフィック流量に制限はありますか?
A3:ファイバーリンクサービスは、ネットワークを複数のお客さまで共用するベストエフォート型の接続サービスです。そのため、NTTネットワーク内、もしくはbit-driveにてお客さまへの通信影響が発生する可能性があると判断した場合は、大量トラフィックの送受信を行っている回線のセッション切断、もしくは通信制限を実施させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
詳細につきましては、IP通信網サービス契約約款の"IP通信網サービスの利用中止"に関する規定をご覧ください。
IP通信網サービス契約約款へ
Q4:ファイバーリンクサービスの利用において、どのような禁止行為がありますか?
A4:以下の通りです。
  • 第三者の著作権、知的財産権、プライバシーの侵害、もしくは侵害するおそれのある行為
  • 詐欺等の犯罪に結びつく行為、または結びつくおそれのある行為
  • 猥褻、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等を送信・掲載する行為
  • 不特定多数の者に対し、広告宣伝、勧誘を目的とするメールを送信する行為
  • 法令(主務官庁の諮問等に基づき取りまとめられたガイドラインも含みます。)に反する行為
本稿に掲載いたしました事項は、ご案内のためにbit-drive IP通信網サービス契約約款の禁止行為の一部を抜粋したものです。
詳細につきましては、bit-drive IP通信網サービス契約約款の別記『通信網サービスにおける禁止行為』をご覧ください。
IP通信網サービス契約約款へ
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. インターネット接続>
  4. フレッツタイプ>
  5. 光ファイバーインターネット接続サービス"ファイバーリンク">
  6. ファイバーリンクIPv4/v6デュアル IPv6シングル よくあるご質問