1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. 勤怠管理システムのインターネットタイムレコーダー>
  4. ご利用例>
  5. ご利用例(保育園)

ITR INTERNET TIME RECORDER 勤怠管理システムで給与計算やシフト管理をらくらく!

ご利用例(保育園)

  • 営業所東京・神奈川に7箇所
  • 従業員従業員:100名 園児:200名

園児の預かり状況をデータで管理

園児の預かり時間は帳簿などで管理しているため、記入ミスがあったり、延長保育の集計請求業務も帳簿からさらにとりまとめるため管理に時間がかかっていました。

導入前の課題 園児の預かり状況の管理やシフト管理業務の負担が大きい

  • 園児の預かり時間を帳簿で管理し、証拠能力がない。
  • 保護者の送り迎えに普段と異なる保護者が来ても確認がとれない。
  • 延長保育の集計・請求業務も手間がかかっていた。
  • 保育士の資格取得者の適正なシフト配置を管理するのに手間がかかっていた。

導入後の成果 クラウド化で安心を強化、管理労力も軽減

  • 園児の預かり時間をエビデンスとしてデータで保存できる。
  • タブレットを活用した場合ゼスチャーで認証させる為送り迎えで異なる保護者が来た際にゼスチャーを共有する事で認証がとれる。
  • 預かり時間をデータで取る事で延長保育の集計・請求業務が効率化できる。
  • 保育士の勤怠管理として利用することで、資格取得者の適正な配置(シフト管理など)管理ができる。また監査時に開示する事ができる。

保育園の導入実績

株式会社ブロッサムさま

Androidタブレットを使い勤怠管理・登園管理を一挙に解決

導入のポイント

  • 複数園の管理が本部で一元的に可能な事
  • 初期導入費用が安価であった事
  • スタッフの管理だけでなく園児の登降園管理が出来る事
  • 他用途でも利用が可能なAndroidタブレットで打刻が出来る事

園児の登園・降園の時間管理にも応用し請求業務も効率化を実現

施設数の増加に伴いスタッフの給与計算業務の負担が大きくなっていました。また園児のお預かり時間を管理する必要もあり、いくつかのシステムを検討していましたが、こちらも同じITR上で集計ができる為、複数のシステムを導入、維持する必要が無く、初期投資も最低限に抑える事ができました。
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. 勤怠管理システムのインターネットタイムレコーダー>
  4. ご利用例>
  5. ご利用例(保育園)