SONY

導入事例一覧に戻る

Case study導入事例
会計システム/OracleDB

金属技研 株式会社ロゴ

装入準備風景
企業名 金属技研 株式会社
業種 製造業
従業員数 501~1000名
所在地 東京都中野区本町1-32-2

1960年創業。一貫した受注生産および先端技術で、液晶・半導体分野から航空・宇宙分野まで、産業全般に対して最先端の金属加工サービスを提供。特に航空・宇宙関連機器分野では、熱処理工程において国際統一認証プログラム「NADCAP」にいち早く対応するなど、業界トップレベルの品質保証体制を誇る。

会計システムのAWS移行で“、持たざるIT”への一歩を踏み出す

マネージドクラウド
with AWS
選定の理由

  1. 1既設の拠点間VPNにAWS Direct Connectを追加できる
  2. 2クラウドポータルで、サーバのスケジューリングも簡単
  3. 35年のTCO比較では、オンプレミスより低コスト

課題

システム刷新と併せクラウド移行へ

最先端の技術で様々な金属の特殊加工を手掛ける金属技研株式会社。会計システムとしてスクラッチ開発したソフトと市販ソフトをオンプレミスで構築し、利用してきた。しかし、スクラッチ開発したソフトは機能不足、潜在するバグ、使い勝手の悪さ、ブラウザのサポート切れ、税制改正時のプラグラム回収など様々な問題があり、その解決を迫られる。
そこで採用したのがスクラッチ開発したソフトと市販ソフトの両方の機能を併せ持つ会計システム「SuperStream」であった。この会計システムを導入するにあたり、サーバをオンプレミスかクラウドにするかの比較検討を行い、クラウドに移行した場合、オンプレミスのシステム管理コストや運用負担が軽減されること、サーバ増強やシステム変更も廉価かつ容易にできる、ハードウェア更新にともなう高額なOracle ライセンス発生が回避できるなどの多くのメリットがあったことからクラウドへの移行を決めた。そこで以前からVPN サービスで拠点間ネットワークを構築しているソネットがAWSの「AWS Partner Network」に加入していることを知り、ソネットに相談したのが2015年10月のことであった。

解決

「AWS Direct Connect」でAWSへのセキュア接続をワンストップで実現

同社にとって、「マネージドクラウド with AWS」の最大の魅力は、既存の拠点間VPN にAWS Direct Connect を追加できるということ。追加工事などもなく、ネットワークを一元管理できるメリットは大きかった。また「クラウドポータル」でサーバ起動・停止のスケジュール設定や、バックアップ自動化を簡単に実現できる点も高く評価され、導入を決定。
AWSのEC2インスタンスにSuperStream(会計/ 経営管理システム)を構築、データベースはAmazon RDSでOracleを利用し、レプリケーションを行なうことで高い可用性を確保するという提案に基づき、ソネットがAWS環境の構築までサポート、2016年4月より本格稼働を開始した。会計システムに続き、社内に残っているファイルサーバやActive DirectoryサーバなどのAWS移行も計画中だ。

Tips

「AWS導入説明会」オプションとは?

「マネージドクラウド with AWS」を導入されたお客さまが、自分たちでAWSを運用することができるよう、クラウドポータルやAWSコンソールの使い方やサポート利用方法などのキホンについて紹介・説明するプログラム。ソネットの技術者による“ツボを押さえた解説&アドバイス”がリーズナブルコストで受けられる!とあって、ほぼすべての導入企業が利用する人気のオプションとなっている。

お客さまの声

元々ソネットのマネージドVPN網を利用していたのでクラウドサービス「マネージドクラウドwith AWS」を採用することはごく自然の流れでした。マネージドVPN網内にクラウドサービスを取り込んだことにより、セキュアな環境で安全・安心して使用でき、また価格も廉価であることから今後も使用目的を明確にし、ハイブリッドクラウドを構築していきたいと考えています。

導入サービス内容・費用

サービスのご案内

導入サービス
  • マネージドクラウド with AWS 標準パック
  • AWS 導入説明会(オプション、上記コラムにて詳細ご案内)
  • 導入サポート(オプション、内容詳細は下記の通り)
    • EC2 立ち上げ、サーバ基本設定(Windows / Red Hat Enterprise Linux / Amazon Linux / CentOS)
    • NAT インスタンス立ち上げ、サーバ基本設定(Amazon Linux)
    • RDS インスタンス立ち上げ、基本設定(MySQL / PostgreSQL)
  • マネージドクラウドポータル
  • マネージドクラウドゲートウェイ(100M 帯域)
AWS利用サービス
  • EC2
  • S3
  • RDS
サービス利用開始 2016年4月
初期費用/月額費用 50万円台 / 10万円台

(文中記載の組織名、所属、役職、サービス名などはすべて2016年5月取材時点のものです。)

導入事例一覧に戻る