SONY

導入事例一覧に戻る

Case study導入事例
メディカル受発注システム(社内システム)

株式会社リブドゥコーポレーションさま ロゴ

株式会社リブドゥコーポレーションさま
法人名 株式会社リブドゥコーポレーションさま
業種 医療/介護用品製造・販売
従業員数 ~1000名
所在地 四国本社/〒799-0122 愛媛県四国中央市金田町半田乙45-2
大阪本社/〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町1-6-10 JPビル5F

大人用紙おむつ、介護用品・用具(ライフケア事業)と、医療用不織布製品、手術室用キット製品など(メディカル事業)の製造・販売を手掛ける。社名のリブドゥ(Live + Do)は、“より積極的に生きる”という意味がこめられている。

受発注システムを刷新しクラウド(AWS)に移行
営業/生産・製造のスムーズな連携とBCPを実現

マネージドクラウド
with AWS
選定の理由

  1. 1システム二重化+海外リージョンへのバックアップでBCPを実現
  2. 2安定&広帯域の“専用線接続”をリーズナブルな価格で実現
  3. 3DBサーバ停止を可能にするAPI開発により、AWS利用料金を圧縮

課題

クリティカルなシステムにもかかわらず冗長構成がなく、BCPに課題

四国本社や大阪本社など自社拠点内で、基幹系を含めた主要なシステムを運用してきたリブドゥコーポレーション。2011年の大震災以降、BCP対策を意識し、一部システムをIaaSやデータセンターに移行するなど、リプレースを迎えたシステムからオンプレミスからの脱却を徐々に進めてきた。そんな中、手術室で使用する各種資材をパッケージ化し、配置や運用まで含めソリューション提供するメディカル事業の社内受発注システムを刷新することに。
自社で開発を重ねながら長年使い続けてきたオンプレミスシステムは、属人化が進み全体を把握している要員はごく限られる状況であった。クリティカルなシステムにもかかわらず冗長構成がとられておらず、バックアップも近接エリア内で完結しているなど、BCPの確立が急務となっていた。また、システムの都合上、ローカルにデータをコピーする必要があり、データ同期に時間がかかるだけでなく、万一のPC紛失による情報漏洩の懸念もあり、運用面でもさまざまな限界に直面していた。

解決

利用コスト圧縮の工夫をしつつ、BCP対策/ネットワーク強化を実現

オンプレミスからの脱却を目指し、新たにクラウド環境への移行を検討した結果、ソニーネットワークコミュニケーションズの「マネージドクラウド with AWS」を導入しAWS上にシステムを開発・構築することが決まった。
最大の理由は、海外リージョンへのバックアップ(スナップショットコピー)が可能で高度なBCPを実現できること。このほか、環境構築からAWSに接続するネットワークまでワンストップで任せられる点も評価ポイントとなった。単純かつ短期での比較では、どうしてもオンプレミスに比べて割高になるクラウドのコストを経営陣に納得させるという最大の難関については、メディカル事業のビジネス成長を支える重要システムとして、冗長構成や遠隔バックアップを含むBCP対策が欠かせないこと、オンプレミスでこれを実現しようとすると同等のコストがかかること、クラウド移行によってメンテナンス負荷が低減され、攻めのシステム提案などに新たにチャレンジできることなど、将来性と長期的かつ総体的なコスト解析を丁寧に説明しクリアしたという。
システムは完全冗長化したうえで、海外リージョンに自動バックアップする構成を取った。さらに開発用の環境も用意しているが、利用しない期間の課金をなくすため、マネージドクラウド with AWSの「カスタマイズAPI」で、環境(EC2 + RDS)を停止(削除)できるようにした。「カスタマイズAPI」ではこのほか、S3のリージョン間コピーも実現している。2016年11月に無事AWS環境がカットオーバー。2017年下旬の新システム稼働に向け現在システム開発を進めている。

お客さまの声

当サービスでは、AWS Direct Connectを利用できるため、安定した回線速度が確保できる部分に安心感を持っています。使ってみてよかった…という点では、独自のAWS管理ツール「クラウドポータル」も非常に使いやすいです。スクリプト作成が必要なAWS標準コンソールに対し、GUIの画面で数値を選択するだけで、インスタンスの起動停止や自動バックアップを設定でき、スキルの多寡を問わずチーム全体で運用できると思いました。

導入サービス内容・費用

サービスのご案内

導入サービス
  • マネージドクラウド with AWS 標準パック
  • AWS 導入説明会(オプション)
  • マネージドクラウドポータル
  • マネージドクラウドゲートウェイ(100Mbps帯域)
  • 導入サポート(オプション、内容詳細は下記の通り)
    • ELB立ち上げ、基本設定
    • EC2立ち上げ、サーバ基本設定(Windows)
    • NATインスタンス立ち上げ、サーバ基本設定(Amazon Linux)
    • RDSインスタンス立ち上げ、基本設定(MySQL)
    • カスタマイズAPI基本設定
AWS利用サービス
  • EC2
  • ELB
  • S3
  • RDS
サービス利用開始 2016年11月
初期費用/月額費用 200万円以下 / 20万円台

(文中記載の組織名、所属、役職、サービス名などはすべて2017年8月取材時点のものです。)

導入事例一覧に戻る