導入事例一覧に戻る

Case study導入事例
レセプト管理システム

株式会社MSCロゴ

株式会社MSC
法人名 株式会社MSC
業種 医療サービス
従業員数 ~50名
所在地 大阪府大阪市北区西天満3-6-21

2015年4月に設立し、訪問看護ステーションに特化したコンサルティング、各種業務サポート事業を手がける。高齢化などを背景にニーズの高まる訪問看護事業を支援することで、地域に密着した医療への貢献を目指す。

訪問看護事業者向けサービスの運用性を高めるため、システム基盤にAWSを採用

マネージドクラウド
with AWS
選定の理由

  1. 1短期間でクラウド上にシステムを構築するための、ノウハウと提案力
  2. 2導入オプションにより低コストで拡張性の高いAWS環境を構築できる
  3. 3AWSと、自社⇔クライアント間のVPN環境をワンストップで実現

課題

運用性・柔軟性の高いクラウド導入を決断するも、経験がなく不安を感じていた

MSCでは訪問看護ステーションに特化したコンサルティングや運営支援を手がけ、同社自身でも訪問看護ステーションを運営している。訪問看護において欠かせないのがレセプト請求業務だが、専門知識が必要であり、手間もコストもかかるため、小規模事業者にとっては負担が大きい。この負担を取り除くことで多くの事業者をサポートしたいと、レセプト請求代行サービスを立ち上げた。顧客となる訪問看護事業者に請求情報を入力してもらうためのシステムの運用性を高めるため、拡張性・柔軟性に優れたクラウドの導入を決定。しかし、利用するシステムはオンプレミスでの実績しかなく、少しでも早くサービスを軌道に乗せるためにも、短期間でのシステム構築が不可欠…と2つの難関を乗り越える必要に迫られていた。

解決

検証環境での動作確認から、環境構築、ネットワークまで短期間で実現

クラウドサービスを検討する中で出会ったのがソニーネットワークコミュニケーションズだった。Webサイトから問い合わせたところ、ちょうど「マネージドクラウド with AWS」がリリースされたタイミングであり、ほかのクラウドと比較しても低コストで利用できるとわかった。ソニーネットワークコミュニケーションズが用意した検証環境での動作確認も、1週間程度で無事終え、極めてスムーズに短期間でシステム構築を実現した。
また、MSCとクライアント事業者の間のネットワークについても、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する「セキュアリモートアクセス」を利用することでセキュリティを確保。AWSからセキュアなネットワークまでワンストップで実現できた点も高く評価している。

Tips

「セキュアリモートアクセス」とは?

SSL-VPN接続により、外部から社内へのセキュアなアクセスを実現するソリューション。PCやスマートフォン、タブレットなどマルチデバイスに対応し、ID/パスワードによる認証にくわえて端末認証も採用することで、セキュリティを強化。たとえば「AWS上に構築した社内システムに外出先からアクセスしたい」などのケースにおいて、AWS環境からネットワークまでワンストップで構築・運用できると好評だ。

お客さまの声

クラウド(IaaS)の利用ははじめてで、しかも短期間で構築しなければならず、不安に思っていました。ソニーネットワークコミュニケーションズさんに特別に検証環境を用意していただいて、システムの動作検証も実施できたこともあり、なんとか期限までにサービスをリリースすることができました。おかげさまで当初想定していた事業者様にスムーズにサービスを提供でき、今後も拡大していきたいと思います。

導入サービス内容・費用

サービスのご案内

導入サービス
  • マネージドクラウド with AWS 標準パック
  • 導入サポート(オプション、内容詳細は下記の通り)
    • EC2 立ち上げ、サーバ基本設定(Linux)
    • NAT インスタンス立ち上げ、サーバ基本設定(Amazon Linux)
  • マネージドクラウドポータル
  • マネージドクラウドゲートウェイ(100Mbps)
AWS利用サービス
  • EC2
  • S3
サービス利用開始 2015年12月
初期費用/月額費用 40万円以下 / 20万円以下

(文中記載の組織名、所属、役職、サービス名などはすべて2016年10月取材時点のものです。)

導入事例一覧に戻る