SONY

次のシステム更改ではオンプレミスを卒業してAWS(Amazon Web Services)に移行を!と思い描きつつ、はじめてのクラウド導入だけに運用も不安だらけ…という企業が少なくないようです。こうした様々な不安をまとめて解消できる!それこそが「マネージドクラウド with AWS」がお客さまに選ばれる理由です。

クラウド初心者が抱える不安をまとめて解決する

「マネージドクラウド with AWS」はAWSの導入・運用を支援するサービスです。導入、構築、運用、保守からネットワークまで各フェーズで必要なサービスをワンストップで提供。クラウド初心者の不安をまとめて解決し、スムーズなAWS導入をサポートします。

必要なサービスをワンストップで提供

導入・構築(ネットワーク、初期設定、導入・移行サポート)、運用(クラウドポータル)、保守(運用保守サポート、障害対応)、請求(円換算・請求書払い対応)

導入:AWSの設定から移行作業、導入説明会まで細かなメニューで対応

AWSには従量課金といった特長もあり、オンプレミスのシステムをそのまま移行してもうまくいくとは限りません。「マネージドクラウド with AWS」では、導入前に既存システムの状況について丁寧なヒアリングを行ないます。ネットワークやAWS内の構成に加え、「夜間はサーバを停止する」などの運用までご提案。コストシミュレーションも行ない、AWSの特性にあわせた形で移行・導入できるようサポートします。
また、AWSのアカウント作成や基本項目の設定代行(推奨値)は標準で対応。初心者がつまずきがちなポイントをクリアし、“すぐに使える”状態でAWSを提供します。そのほか、AWSコンソールやサポートの利用方法などを説明する「AWS導入説明会」や、企業ごとのシステムにあわせたサーバ立ち上げ・設定を行なう導入/移行サービスなど各種オプションも用意しています。それぞれ実施する作業と料金を明示しており、自社に必要なサービスのみ細かく指定して利用することが可能。無駄なコストをかけずに、スムーズなAWS導入を実現します。

運用:専門スキルがなくても、カンタンに運用できる「クラウドポータル」を提供

「マネージドクラウド with AWS」では独自の管理画面「クラウドポータル」を提供しています。“誰でも簡単に運用できる”ことをコンセプトに、ソニーグループがもつ運用ノウハウをベースに開発。運用に必要な情報や機能を集約し、専門スキルがなくても運用できるよう設計しました。

Point1

 インスタンスの利用状況が一目でわかる!

AWSの管理画面は豊富な機能がある一方、必要な情報を確認するために複数画面を行き来する必要があるケースも。「クラウドポータル」では、運用でチェックしたい基本的な項目を一画面に集約。必要な情報がグラフィカルに表示され、一目で状況を把握できるようになります。

クラウドポータル画面1(インスタンス稼働状況)

運用監視ボタンから各インスタンスの詳細状況を確認できる
運用監視管理(現在の稼働状況)
Point2

 最新のAWS構成が一目でわかる

手軽かつ迅速にサーバを立ち上げられるAWSですが、その結果サーバが乱立し、どれをどう使っているのか分からない、というようでは、セキュリティの観点からも問題です。また、AWSの全体の構成を把握しようとしても、各種インスタンス情報を読み解く必要があり時間を要することに。
「クラウドポータル」では、AWSがリソース情報などを提供するサービス「AWS Config」の情報をもとに、リソース構成を図式化して表示。最新の構成図を簡単に確認できるため、一目で全体の状況を把握できます。

クラウドポータル画面2(AWS Config表示)

クラウドポータル画面2(AWS Config表示)
Point3

 ネットワークまで統合運用管理できる!

「マネージドクラウド with AWS」ではAWSへの専用線サービスも提供しており、リーズナブルに専用線ネットワークをご利用いただけます。そして、このネットワークの状況も「クラウドポータル」でまとめて管理。ネットワークの利用状況を簡単に確認できるため、余裕がなくなってきたらプラン(帯域)を変更するといった対応が可能に。「ネットワークが遅い」などのトラブルを回避することができます。
AWSからネットワークまで全体の状況を一元管理できるため、「なにかあったらクラウドポータルを確認すればOK」というのも安心です。

クラウドポータル画面3(トラフィック情報)

クラウドポータル画面3(トラフィック情報)
Point4

 従量課金だからこそ要チェック!“今月の利用料金”も見える化

AWSはサーバのスペックや起動時間に応じた従量課金制をとっているため、オンプレミスと同じ感覚で運用した結果「請求が高額になってしまった!」というケースも。「クラウドポータル」では利用料金をグラフで表示。「今月はいくら使ったのか」が明確になることで使いすぎを早い段階で把握できます。

クラウドポータル画面4(利用料金)

クラウドポータル画面4(利用料金)

今回紹介した機能は「クラウドポータル」のほんの一部。ほかにもスナップショット取得やインスタンス起動停止を簡単に自動化できるなど豊富な機能でAWSの運用をサポートします。

保守:AWSからネットワークまでワンストップでサポート

AWS環境でトラブルが起きた時、どう対処すればいいのか…という、保守の不安も解消します。オプションの基本運用保守サポートでは、AWSからネットワークまでエンドツーエンドでサポート。原因切り分けを含めワンストップで対応するため、安心してご利用いただけます。

 

さらに、AWS上に顧客向けサービスやWebサイトなどを構築しているケースでは、障害発生によって長時間サービス停止する事態は避けたいモノ。とはいえ、特に夜間や休日も含め自社ですべてを監視・対応するのは無理があります。
このようなケースにおすすめするのが、同じくオプションの拡張運用保守サポート「Site Care Cloud for AWS」。24時間365日の有人監視体制を整え、システム監視から障害対応・運用までトータルにサポートします。お客さまの環境や事情にあわせた運用設計をおこない、的確な運用体制を実現。エージェントレスでシステムへの影響も少なく、インスタンス単位での課金で必要なシステムだけ監視することが可能です。

サポート:円換算・請求書払いOK!ニーズにあわせた運用保守サポートもご用意

もうひとつ、AWSでよく課題となるのが“請求”。「ドル建て・クレジットカード払い」のAWSですが、法人クレジットカードは用意できるのか、円換算のタイミングはどうなるのかなど、不安を抱える企業も多いようです。「マネージドクラウド with AWS」では円換算・請求書払いに対応。請求面での不安も解消し、スムーズにAWSを導入できます。

「マネージドサービス」の理想形とは?

そもそも「マネージドサービス」とは、サーバの保守や運用管理のアウトソーシングサービスの一種と定義されています。AWSに関しても数多くのマネージドサービスが提供されていますが、そのサービス範囲は事業者によって大きく異なるのが現状。すべての運用をアウトソースすれば担当者の負荷はグッと減るものの、企業としての運用コスト自体は減らすことができません。いつまでも運用の効率化ができず、作業のたびにコストがかかる状況は望ましいとは言えないでしょう。
「マネージドクラウド with AWS」では、運用を簡単にすることで、お客さま自身で運用できるようにすることを目指し、様々なサービスや機能を設計しています。「クラウドポータル」や、エンジニアがAWSの利用方法を解説する「AWS導入説明会」もその一部。これらを活用し、自社で運用する体制を整えることで、さらなる運用効率化・運用コスト削減につながります。

このページの上部へ