1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. マネージドイントラネット

"所有しない"プライベートクラウドを実現

クラウドとネットワークが高次元でパッケージ化されたワンストップクラウドサービス

マネージドイントラネットはクラウドサービスを本格的に活用できるように「運用負荷軽減」を徹底的に考え抜いたクラウドサービスです。クラウドの基本となるSaaS・IaaSをはじめ、クラウド活用でボトルネックになりがちな回線・拠点間通信をすべて網羅し、マネージメントツールで一元管理+ワンストップサポートを実現しています。

bit-drive仮想プライベート基盤にはクラウドの基本となるSaaSとIaaSがあります。 SaaSのアプリケーションはbit-driveが提供します。 基本アプリケーションは「Mailサーバ」「Proxyサーバ」「DNSサーバ」「ログ管理」。オプションアプリケーションは「Web Mail」「Mailアーカイブ」「グループウェア」「IT資産管理」があります。 IaaSではVMまでbit-driveが提供します。 bit-driveマネージドイントラネット層(Internet-VPN)では拠点ごとにルータを使用し社内LAN回線を繋ぎます。 拠点ルータは「Digital Gate」または「Cisco series」を選択できます。 外出時には「セキュアリモートアクセス」か「リモートアクセス Smart Device VPN」を使用しbit-driveマネージドイントラネット層(Internet-VPN)と繋がることができます。 このbit-drive仮想プライベート基盤とbit-driveマネージドイントラネット層(Internet-VPN)を用いたマネージドイントラネットのサービスマップはすべてをワンストップでサポートする「ヘルプデスク」と管理工数を削減する総合管理ツール「マネージメントツール」でサポートされています。
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. マネージドイントラネット