1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. マネージドイントラネット>
  4. マネージドイントラネットの特長

特長01法人向けクラウドサービスの現実解「仮想プライベートクラウド」

プライベートクラウドでは高コスト、パブリッククラウドではセキュリティに不安が残る。両者のデメリットを解消したのが仮想プライベートクラウドです。企業ごとに仮想プライベート空間を作り、本格的なクラウド活用を安全に行うことができます。

パブリック・クラウド

不特定多数を対象に提供されるクラウドサービス

メリット コストが安い 自社でのシステム構築が不要 保守運用が楽に

デメリット インターネット回線を利用するセキュリティへの不安 外部システムのため情報漏えいリスクが高い トラブル時の対応窓口が一本化できない

プライベート・クラウド

1社もしくは特定の利用者のみを対象に提供されるクラウドサービス

メリット 接続のセキュリティが高い 社内ホスティングのため情報漏えいリスクが低い

デメリット 規模が大きくなければ専有できない 比較的コストが高い

現実解は仮想プライベートクラウド

パブリッククラウドのスケールメリットを活かしつつ、VPNのセキュアな接続を使うことで仮想的にプライベートクラウド環境を構築

クラウド上に仮想化で専用サーバを提供 スケールメリット(=コスト、拡張性)
クラウドとお客さま拠点をインターネットVPN化 セキュリティ
仮想的にプライベートクラウド環境を実現することで、クラウド特有のスケールメリットとセキュリティの両面を同時に実現

特長02マネージメントツールで各機器の設定からステータス確認まで一元管理

マネージメントツール操作画面(DigitalGateを利用した際の画面イメージとなります。)

1つの画面で集中管理できるユーザビリティに優れた操作画面です。

異常事態も早期に発見する監視機能

各ノードに対して「監視」「異常時のメール通知」などを設定することが可能です。
管理画面上では、各ノードのステータスを確認することができます。

  • ※ノード対象:サービスサーバ、各ルータ、VPNの状況、LAN内の自社所有のサーバ
自動監視機能
  • ステータス変化時に管理者へ自動的にメールを送信
  • 登録された機器の現在のステータスを表示
  • ステータスの変化はログに記録(後から機器や
    回線の状態を確認可能)
WAN監視
DigitalGateのWAN側およびDMZ上のサーバをbit-drive
データセンター内の監視サーバより監視
LAN監視
DigitalGateから社内のサーバなどプライベートアドレスの機器を監視
VPN監視
VPN設定がされている対向機器とのVPNトンネルを監視

ログの総合管理機能

内部統制の観点から重要視されているログ管理。
マネージドイントラネットでは、各サーバやルータシステムログやアクセスログなどのデータを一元的に集約、データセンターで管理されている
サーバで安全に保管します。

マネージドイントラネットのログ管理の特長
  • 拠点ルータの多種多彩なログを収集し一元管理
  • イントラネット内管理で外部からの不正アクセスを防止

かんたんVPN設定

VPNの設定は拠点を選択するだけ。回線冗長や機器冗長も煩雑なVPNの設定は不要です。

一目でわかるトレンドグラフ

Digital Gateの長期的な状態をグラフ表示することができます。

表示するソース:
CPU、メモリ、ネットワークトラフィック(bps,pps)、内部温度
グラフの種類:
日次、週次、月次、年次

らくらくバージョンアップ

バージョンアップは各拠点ごとに個別に行なうことも、全拠点のルータを一斉に行なうことも可能です。

通信チェックツール

ネットワークやファイアウォールに関するチェックツールを標準で装備しています。

マネージドイントラネットのログ管理の特長
応答確認(Ping)/経路確保(traceroute)/スピードテスト/
キャプチャ(tcpdump)/ポートスキャン

特長03ワンストップで24時間365日サポート

24時間365日体制にてサポートデスクを開設し、有人監視および保守技術サポートを行なっています。
また、監視サーバによるステータス変化を感知しての自動メール通知、お客さま先への出向いてのオンサイト保守など多面的に安定的な運営をサポートしています。

特長04豊富なアプリケーション

基本サービスとしてMailサーバ、Proxyサーバなどのアプリケーションが利用できます。さらに、オプションサービスにてメールアーカイブ、Webメール、グループウェア、セキュリティなど多岐にわたる豊富な汎用アプリケーションをご用意。必要なものを必要に応じて活用することができます。

【基本サービス】・Mailサーバ・Proxyサーバ・ログ管理サーバ・DNSサーバ 【オプションサービス】・Webメールサービス・グループウェアサービス・IT資産管理サービス・メールアーカイブサービス・セキュリティサービス
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. マネージドイントラネット>
  4. マネージドイントラネットの特長