1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. ご利用事例>
  3. 株式会社コスモ計器さま

株式会社コスモ計器さま

導入サービス
  • VPN

システム管理室
室長
加藤 泰利さま

専務取締役
古瀬 昭男さま

自動車産業を中心にエアーリークテスタのリーディングカンパニーであるコスモ計器さまでは、ERP業務システムの構築にあたり、インターネットVPNを採用してコスト低減と業務の効率化を図られました。

導入商品
課題 ERP(EnterpriseResourcePlanning/経営資源利用計画)の一環として、全体最適化の見地から情報を整理し、全社員が自分の活動内容を客観的に把握して利益に貢献するため、広範囲に利用できる情報共有システムを導入したい。
ソリューション 各遠隔地(営業所・代理店・外注先・購買先・その他)と本社工場間の情報の流れを整理するため、新システムとそれを支える安定したインターネットVPNへの転換を図る。目標達成のため、ネットワークサーバパックを導入。また、bit-driveシステムへの移行により新たなコスト増が発生しないよう、通信費全体を見直しプロバイダの変更やIP電話の導入を実施。

導入の背景

情報を共有化して活用し、新たな企業価値=利益を生み出す。

コスモ計器さまは、自動車部品などの圧力漏れをチェックするエアーリークテスタ、エアーフローメータのパイオニアとして、世界中の自動車工場ラインを筆頭に、電子・医療・食品など多様な第一線の現場に製品を納めている。
ニッチな領域で高シェアを誇る同社だが、世界中のお客さまからの製品の故障や修理に対するサービス需要は待った無しである。要望に迅速に応えるため、ISOを活用した高品質化に取り組むほか、現場の業務改善を支援し、受注から保守まで横断的に一元管理する新たなシステムを構築したが、これらを支える通信インフラ環境は脆弱であり、ストレスなく社内外の情報共有環境を整えるためには早急な改善が必要だった。

システム管理室室長の加藤氏は、「通信各社より提案された"VPN構築環境・メール管理環境・ホームページ構築環境"は、何れも数百万円単位の投資が必要で、弊社のような中小企業にはなかなか敷居が高く、やむなく自社にてメンテナンスも含めた対応をしてきました。しかしながら、ウィルスその他による攻撃、急速なインターネット環境変化、故障時の対応など必要とされる専門知識は日増しに増大し、負担軽減の意味からも統合的ソリューションを数年前から探していました。正直なところ既存のシステム環境から新しい環境に移行するのは弊社に限らず大変な勇気がいることです。bit-driveへ移行が行えたのは、代理店の(株)フェニシスさんが約1年に渡り、弊社が満足できるソリューション構築のためにきめ細かい活動をしてくれたことが大きく、必須のインフラ環境整備を安心して任せられました」と話すが、日頃から同社が業界に先駆けて企業価値拡大の努力をされているうえに構築できたことは言うまでもない。

導入してのメリット

ブロードバンド回線を使ったシステム拡張で業務効率が飛躍的に向上。

本社および全国7営業所に対しネットワークサーバパックを中心としたインフラ環境を整備した結果、ネットワーク環境に対して抱えていた次のような問題点を解決された。

  1. メール、DNS、WWW環境の不具合を、ネットワークサーバパックで一挙に解決
    ノーツ4.6バージョンで管理していたメール、DNSと別途管理していたWWW環境をネットワークサーバパックの管理下に移行することにより、メールのウィルスチェック、踏み台やスパム対策、ホームページのセキュリティ改善を継続的に達成する環境を整備した。ネットワークサーバパック利用料の3万円/月は、プロバイダ変更による料金引き下げ効果3万円/月とサーバ保守契約解除による保守料金1万円減で十分まかなえ、ウィルスチェックゲートウェイの料金も他社と比較し割安感がある。
  2. 既存のルータをVPNプラスに変更し、安定したVPN環境を整えてIP電話にも活用
    VPNプラス提案以前は、1台20万円以上するルータを拠点数分購入しネットワーク環境を構築していた。しかし、購入後約2年でファームウェアの更新もされなくなり不具合・故障時の対応に苦慮した。不安定な状態のもと、総務の要望もあり、検討の結果、IP電話を導入。IP電話のイニシャルコストはかかったが、データ回線を共有したことでランニングコストが大幅に抑えられ、単年度でイニシャルコストを回収。翌期からはVPNプラス使用料(7拠点分)42,630円/月を考慮してもトータルで通信費の大幅削減が見込まれる。

上記の結果、コスモ計器さまの通信コストをトータルで下げるとともに、統合業務システムが以下のような具体的改善を遂げた。

  1. ユーザ情報一元管理による、業務改善とサービスの提供
  2. 受注生産情報一元管理による、業務改善と管理コスト低減
  3. コミュニケーション環境改善による信頼関係の向上

本格的に統合業務システムが稼働した前期は、人員増なしに売上高3割増を達成。経営数字の内容もよいことから、飛躍的な業務効率向上を実現したことが実証される。専務の古瀬氏は「この業務システムができたことで、いながらにして開発計画の進捗や事業計画の展開、ISOで要求される製品履歴まで明確に分かるようになり、世界のどこにいても物理的な距離感をほとんど感じません。私が日頃大切と考える『コミュニケーションによる会社の一体感醸成』にも大きく貢献しています」とブロードバンド化の効果を語ってくださった。

<株式会社コスモ設計さま ネットワークイメージ図>

今後の展開

システムを道具として使い本来業務で実績を上げる。

業界に先駆けてゼロから立ち上げたERP業務システムのノウハウを参考にしたいという他社も多い中、加藤氏は、今後の展開について「一番の課題は実績をつけて利益を出すこと。日常業務に追われてやるべきことが見えなくなったり、後回しになることがありますが、構築したシステムを道具として使い、本来業務の分野で新しい製品開発や、さらなる市場開拓に取り組みたいです」と、次のステップへの進化を計画中だ。

<株式会社コスモ計器さま 業務システムイメージ図>

取材:2004年12月

企業プロフィール

株式会社コスモ計器
所在地 東京都八王子市石川町2974-23
創業 1970年
従業員数 122人
事業内容 工業用計測器製造販売
URL http://www.cosmo-k.co.jp/別ウィンドウで開きます
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. ご利用事例>
  3. 株式会社コスモ計器さま