1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. ご利用事例>
  3. モロゾフ株式会社さま

モロゾフ株式会社さま

導入サービス
  • クラウド
  • VPN
  • IaaS
  • リモートアクセス

「リーズナブルなのに高性能。おかけで理想のネットワークが実現できました」 bit-drive マネージドイントラネット 導入事例 モロゾフ株式会社さま (製造業・従業員数 1,000人以上) 

morozoff

ビジネスの成長を支える柔軟なネットワーク環境を、最適なコストで実現したい……。そんな難題に挑んだのが、洋菓子メーカー大手のモロゾフだ。同社では、営業・物流・生産拠点とデータセンタを結ぶ基幹ネットワークをbit-driveで全面刷新。IaaSやリモートアクセスなどのサービスも活用し、運用管理の効率化や大幅コスト削減、新たなビジネス施策へのスピーディな対応など多くのメリットを実現している。

モロゾフ センター街ショップ

【モロゾフ センター街ショップ】(上)神戸三宮のセンター街にあるモロゾフのフラッグシップショップ。ショップと喫茶の他、ショコラトリー「ロブソワール」も併設しています。

【プレミアムチョコレートセレクション】(右)厳選された原料を用いて、モロゾフ伝統の技から生まれた上質なファンシーチョコレートの詰合せです。

プレミアムチョコレートセレクション

全社基幹ネットワークの刷新で、コスト・運用負担を大幅に改善

導入前

  • 拠点間のネットワークを複数の事業者で構築しており、運用管理が煩雑化していた。
  • ITガバナンスやセキュリティのさらなる強化を図る必要があった。

導入後

  • マネージドイントラネットへの統合で、シンプルなネットワーク環境を低コストで実現。
  • IaaS上にActiveDirectoryサーバを新たに構築し、適切なユーザー/デバイス管理を実現

今後の展望

現在は専用線で接続されている本社オフィスも、今後は各拠点と同様にマネージドイントラネットでの接続を検討。また、bit-driveで提供されているその他のサービスに関しても、導入効果が見込めると判断したものは積極的に活用し、今後のビジネスの成長に役立てていく。

全社基幹ネットワークの見直しで最適なICTインフラを実現

少人数でも効率的に運用できるネットワークを目指す

モロゾフ株式会社
経営統括本部 経営企画部
情報化担当課長
赤松 史朗氏

日本を代表する老舗洋菓子メーカーとして、全国に多くのファンを獲得しているモロゾフ。カスタードプリンやチーズケーキなどの定番商品をはじめ、魅力ある多彩なスイーツを世に提供し続けている。

同社のような歴史ある企業にとっても、今やICT環境を抜きにビジネスは成り立たなくなっている。同社の赤松史朗氏は「どんな業務もシステム/ネットワーク無しには動かなくなっていますから、ICTインフラの最適化は極めて重要な課題。また、企業にとってはコスト削減も重要なテーマですので、我々情報システム部門としても、少人数で効率的に運用管理が行える環境作りを心がけています」と説明する。

そうした取り組みの一環として今回実施されたのが、全国の営業、物流、生産拠点とデータセンタを結ぶ基幹ネットワークの再構築だ。赤松氏はその背景を「以前はスパム/セキュリティ対策用UTM機器などの管理を自社内で行っており、その運用や保守、更新作業にかなりの手間が掛かっていました。また、拠点との接続に複数のネットワーク事業者のサービスを採用していたため、これをまとめて分かりやすくしたいという思いもありました」と説明する。

新たなビジネスニーズにも迅速な対応が可能に

こうした同社のニーズに応えられるサービスとして新たに導入されたのが、bit-driveの「マネージドイントラネット」だ。赤松氏は選択のポイントを「メールチェックゲートウェイコンテンツフィルタなどのサービスがクラウド側で用意されているうえに、コスト的にも非常にリーズナブル。従来と同じ費用でより高機能、かつシンプルなネットワークが実現できる点が決め手になりました」と語る。これにより、UTMの管理などを自前で行なう必要がなくなり、運用管理工数の削減が実現できた。

また、マネージドイントラネットの採用により、インターネットアクセスの高速化も実現。赤松氏は「従来は一度データセンタを経由して外へ出て行く構成だったので、そこがボトルネックになってスピードが遅くなるケースが見受けられました。しかし現在では、こうした問題も解消しています」と続ける。

さらにビジネス面での大きなメリットとして、新たな施策への対応がよりスピーディに行えるようになった点が挙げられる。「たとえば、新しいWebサイトを立ち上げる際などには、DNSの変更作業を行なう必要があります。しかし、以前はこうした作業を行なう場合、事業者側に変更依頼を提出して、それからさらに作業が終わるまで1~2週間待たなくてはなりませんでした」と赤松氏は明かす。

しかしマネージドイントラネットであれば、専用のマネージメントツールを利用して、その場ですぐに作業を行なうことができる。「最初はネットワークの設定変更をユーザー側で行なうことに抵抗感もあったのですが、実際にやってみると特に難しい点はありませんし、bit-driveのサポートも親切。マニュアルも分かりやすく、当社の別のスタッフなどは『さすが家電のソニー』と感心していたほどです」と赤松氏はにこやかに語る。ルーティングが分かりやすく設定が容易なので、業務システムの開発ベンダーに社内のテスト環境へアクセスしてもらう際などにも役立っているとのことだ。

リモートアクセス費用の大幅削減にも成功

bit-driveのサービスは、それ以外にも様々な分野でメリットを発揮。その一例が、スマートデバイス向けリモートアクセスサービス「SmartDevice VPN」によるコスト削減だ。同社では百貨店を中心に数多くの店舗を展開しており、以前からモバイル通信を利用した店舗システムを活用している。また、それとは別に、オフィスの外で活動する営業担当者向けにもリモートアクセス環境を提供している。

「これまで使っていた他社サービスは端末台数毎の課金だったため、毎月三百数十台分のライセンス費用を支払わなくてはなりませんでした。しかしSmart Device VPNはサーバ課金ですから、このライセンス費用が不要になり、コスト削減が実現できました」と赤松氏は満足げに語る。

今後のbit-driveのサービス拡充にも、大いに期待しているとのことである。

導入商品、利用するアプリケーション

導入商品 マネージドイントラネット
利用する
オプションサービス

企業プロフィール

モロゾフ株式会社
所在地 兵庫県神戸市東灘区向洋町西5-3
設立 1931年8月
URL http://www.morozoff.co.jp/別ウィンドウで開きます
概要 創業から80年を越える歴史を持つ老舗洋菓子メーカー。プリン、ゼリー、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム、焼菓子などの各種洋菓子の製造・販売のほか、喫茶・レストラン事業も展開している。現在は新中期経営計画「MVP88 Step2 CHALLENGE『挑戦』」に基づき、市場・商品・技術・人材育成など、あらゆる領域において新たな取り組みを推進。創立100周年に向けてさらなる飛躍を目指す活動を展開している。

(文中記載の組織名、所属、役職、サービス名などはすべて2014年11月取材時点のものです。)

  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. ご利用事例>
  3. モロゾフ株式会社さま