1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. Webコンテンツフィルタサービス
IPv6対応

セキュリティWebコンテンツフィルタサービス

不正サイトへのアクセスや書き込みを制御し、情報漏洩防止や私的利用防止による業務効率向上を実現します

Webコンテンツフィルタサービスとは?

Webコンテンツフィルタサービスは、お客さまのネットワークからのアクセスが不適切と考えられるWebサイトへのアクセスを制限するサービスです。インターネット上の掲示板への書き込みやファイルアップロードでの情報漏えい、フィッシングサイトへのアクセスによる被害を防止するために役立ちます。

Webコンテンツフィルタの特長

簡易・柔軟な管理機能

お客さまにコンテンツフィルタ管理ツールを提供し、アクセスを規制するカテゴリの選択や各カテゴリ毎に「許可」、「規制」、「書き込み制限」、「一時解除(パスワード入力)」、「一時解除(警告表示)」といったきめ細かな設定を可能としています。

私的利用を防止、キーワード規制

検索エンジンのキーワードに対して、あらかじめ登録した用語と合致した場合、規制対象とすることができます。また、掲示板へも書き込みも禁止することができます。

情報漏洩対策と安全なインターネット利用を高精度データベース

シェアNo.1のアルプス システム インテグレーション株式会社の「InterSafe」を利用していますので、システムの安定性および不正アクセスのデータベースにも信頼がもてます。またデータベースの更新は毎日行っていますので、常に最新のデータベースによるフィルタリングをご提供いたします。

高いセキュリティと運用を実現するサポート体制

サーバのセキュリティの確保や運用など、bit-driveが24時間365日体制で行いますので、自社サーバを設置した場合よりも管理、運用負担が削減されます。

IPv6に対応

Webコンテンツフィルタサービス をご利用いただければ、お客さまのプロキシサーバがIPv6に対応していなくても、これまでのIPv4インターネットに加えIPv6インターネット上のWebサイトを閲覧することができます。

システム構成

お客さま【利用者】の場合 お客さまからWebプロキシへ、Webプロキシからフィルタサーバへ行きフィルタサーバで不法、アダルト、出会い系、ギャンブルなどの不正サイトへのアクセスをブロックします。 お客さま【管理者】の場合 お客さまからWebプロキシへ、Webプロキシから管理サーバへ行き、アクセス時動作、カテゴリ選択を行ないます。
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. Webコンテンツフィルタサービス