1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. Webコンテンツフィルタサービス>
  5. よくあるご質問

Webコンテンツフィルタサービスよくあるご質問

よくあるご質問

お申し込み・ご変更・ご解約について

Q1:Webコンテンツフィルタサービスのみ加入することはできますか?
A1:いいえ。回線サービスに加入している必要があります。
Q2:他社の回線サービスに加入していても、Webコンテンツフィルタサービスに加入することはできますか?
A2:弊社回線サービスに加入しているお客さまのみご加入いただけます。
また、コンテンツフィルタにアクセスするIPアドレスは、弊社が代行したグローバルIPアドレスを使用している必要があります。
Q3:Webコンテンツフィルタサービスの導入には、設定変更などが必要ですか?
A3:はい。プロキシ経由でアクセスする場合には、プロキシの上位に弊社指定のフィルタサーバを設定していただく必要があります。
もしくは、利用者のパソコンのブラウザのプロキシの設定を弊社指定のフィルタサーバのアドレスに変更する必要があります。
Q4:申し込み後、どれくらいで利用できるようになりますか?
A4:現在、弊社の回線サービスに加入し開通済みのお客さまの場合は、お申し込み日から10日後以降の希望日にサービスの提供を開始することができます。
回線サービスと同時にお申し込みのお客さまの場合は、回線の開通日に合わせてサービスを開始いたします。
Q5:申し込み内容に変更が生じた場合、申告は必要ですか?
A5:必ず申請をしてください。IPアドレスの変更の場合には、フィルタが動作しないだけでなくWebが見られなくなる場合があります。
Q6:変更はすぐにできますか?
A6:ご変更・ご解約の場合は、1ヶ月前までに弊社指定の書類を提出する必要があります。
Q7:複数の回線サービスを使用している場合、回線サービス毎に申し込みが必要でしょうか?
A7:いいえ、Webコンテンツフィルタサービス1契約に対して、複数の回線サービスをまとめて申し込みすることが可能です。

料金について

Q1:複数の回線サービスを使用している場合、料金はどうなりますか?
A1:複数の回線サービスによるサービスパックの共有はできます。お申し込み時に複数の回線サービス間で、利用されるPC数分のサービスパックを申し込む必要があります。
Q2:初期加入時に必要な料金はどのくらいですか?
A2:初期加入時には設定登録料5,000円(税抜)と、お申し込みPC数に応じた利用料が必要です。利用料は10PC毎に月額3,000円(税抜)となっています。
Q3:加入後のサービスパック数の変更はできますか?また、その場合の料金はどうなりますか?
A3:変更できます。サービスパック数のみの変更の場合には、設定変更手数料はかかりません。変更方法については、お客さまサポートサイトをご覧ください。
Q4:回線サービスを解約した場合はどうなりますか?
A4:Webコンテンツフィルタサービスも自動的に解約となります。その場合解約月の料金は、解約日までの料金を日割りで請求いたします。

機能について

Q1:イントラネット上にあるWebサーバへのアクセスに対するフィルタリングはできますか?
A1:いいえ。インターネット上のWebサーバへのアクセスが対象となります。
Q2:フィルタリングの規制を自社で決めることはできますか?
A2:契約毎の管理画面を用意しているので、フィルタリングの規制を個別に設定することができます。
Q3:カテゴリは、どのようなものがありますか?
A3:「不法」、「青年・成人向け」、「医療と健康」など147カテゴリに分かれています。
Q4:規制の種類にはどのようなものがありますか?
A4:カテゴリー毎に「許可」、「規制」、「書き込み規制」、「一時解除(パスワード入力)」、「一時解除(警告表示)」の5つの設定があります。
  • 許可は、サイトの閲覧・書き込みともに可能にする設定となります。
  • 規制は、規制画面を表示し、閲覧不可にする設定となります。
  • 書き込み規制は、サイトの閲覧を許可し、書き込みのみ規制する設定となります。
  • 一時解除(パスワード入力)は、パスワードで例外的に規則を解除する設定となります。
  • 一時解除(警告表示)は、警告画面を表示させ、ボタンクリックで閲覧続行を可能にする設定となります。
Q5:あるカテゴリを「規制」の設定にした場合、アクセスしたいURLだけ許可することはできますか?
A5:はい。例外URL設定ができるので、アクセスしたいURLを個別に許可することが可能です。
Q6:加入時の設定はどうなっていますか?変更しなくても使えますか?
A6:bit-driveで一般的なデフォルトルールを設定しているので、そのまま使うことも可能です。
Q7:利用可能なOSやブラウザに制限はありますか?
A7:対応しているOSやブラウザは以下の通りです。

【OS】

  • Windows XP Professional SP3
  • Windows Vista Business SP2
  • Windows 7 Professional SP1
  • Windows 8 Pro
  • Windows 8.1 Pro (日本語)
  • Mac OS X
  • iOS
  • Android

【ブラウザ】

  • Internet Explorer 7.0/8.0/9.0/10.0/11.0 (Microsoft)
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Safari 7 on Mac OS/iOS iPhone/iPad
  • Android 標準ブラウザ(com.android.browser)
Q8:現在URLデータベースに登録されているおおよそのページ数を教えてください。
A8:約34億8083万ページ(2015年7月27日現在)が規制対象となっており、147カテゴリに登録されております。登録されるページは日々増加しています。
Q9:URLデータベースはいつ更新されますか?
A9:毎日3回以上更新されます。(土日祝日等、収集センター休日を除きます)
Q10:海外のサイトも登録されていますか?
A10:サイトのあるサーバの所在地に関係なく登録しております。また、日本語以外では英語、中国語等のアダルトサイトを中心に登録してあります。
Q11:IPv4のアドレスのみ利用していますが、IPv6のサイトにアクセスできますか?
A11:Webコンテンツフィルタを利用することで、IPv6のサイトにアクセスすることができます。
Q12:他社のインターネット回線でも利用できますか?
A12:弊社以外の回線でも、申請することでご利用が可能になります。bit-drive インフォメーションセンターお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. Webコンテンツフィルタサービス>
  5. よくあるご質問