1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. Webコンテンツフィルタサービス>
  5. サービス詳細

Webコンテンツフィルタサービスサービス詳細

簡易・柔軟な管理機能

簡易なルール設定

スケジュール変更画面を拡大

各Webコンテンツカテゴリ毎に規制レベルを設定するだけでルールを作成することができます。ルールは複数作成することができ、曜日、時間帯などで使い分けることが可能です。

Webコンテンツカテゴリの詳細はこちら

規制レベルは4種類あり、個々のWebコンテンツカテゴリに設定することが可能です。

許可 規制画面を表示し、閲覧不可にする設定となります。
規制 規制画面を表示しますが、一定時間だけ閲覧ができます。閲覧するためのパスワード(オーバーライドパス)を設定して、アクセスを制限することも可能です。
書き込み規制 サイトの閲覧を許可し、書き込みのみ規制する設定となります。
一時解除(パスワード入力) パスワードで例外的に規則を解除する設定となります。
一時解除(警告表示) 警告画面を表示させ、ボタンクリックで閲覧続行を可能にする設定となります。

私的利用を防止、キーワード規制

検索キーワードによる規制

「ワールドカップ チケット」で検索→規制 「Webフィルタリング」で検索→許可

検索エンジンに対し入力するキーワードを管理者が事前に登録した用語と合致すると規制します。さらに、ログ機能から、規制回数、利用サイトなども確認可能で、社内での私的利用の把握が容易に可能です。

書き込みキーワードによる規制

「A社がB社に買収されるらしい」と書き込み→規制

掲示板や、WebメールなどのWeb2.0サイト(情報発信サイト)への書き込みを禁止することができます。(キーワード、POSTサイズで規制可能)
社内からの情報漏洩やインサイダー取引をなどを防止することが可能となります。

情報漏洩対策と安全なインターネット利用を実現する高精度データベース

定評のある不正サイトデータベース

Webコンテンツフィルタサービスは、シェアNo.1のアルプス システム インテグレーション株式会社の「InterSafe」を利用しています。
日本最大のデータベース収集センター、ネットスター社のデータベースを採用。独自のURLリスト収集・分類ノウハウにより精度の高いデータベースとなっています。

  • 日本の法律・文化・社会情勢に基づき登録(出会い系や自殺幇助系)
  • 中国語・携帯サイト専門収集部隊もあり
  • 最新サイトを毎日追加登録
  • ユーザからの追加/削除依頼には、12時間以内に反映(稼動日)
  • 登録後90日を経過したデータに関しては、再度確認し更新

URL登録数:約34億8083万ページ
2015年7月27日現在

例外URLの一括登録

管理画面から、例外URLをCSVで一括インポート・エクスポートすることができます。

添付ファイル規制

マルチパートリクエストにより、Webメール等で添付でファイルの送信をしようした場合、規制を行います。

高いセキュリティと運用を実現するサポート体制

運用負荷を軽減(運用・監視)

企業に不可欠な安定性を実現するオペレーション体制

  • 法人向けに特化した高品質なネットワーク設計
  • 99.99%を誇る高い稼働率
  • 24時間365日体制の万全の保守サポート体制
  • サービス品質およびネットワーク運用における高い信頼性 (「ISO27001」を保有)

Webコンテンツフィルタは、以下の監視を行っています。

  • サーバのPingによる死活監視
  • http、httpsのレスポンス監視
  • その他、サーバ内アプリケーションのプロセス

24時間365日対応のbit-drive
bit-driveサポートデスク

ISO/IEC27001 JACO IC03J0046 UKAS Information Security Management 189

情報セキュリティマネジメントの国際規格
「ISO27001」を保有
(2007年3月)

  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. Webコンテンツフィルタサービス>
  5. サービス詳細