1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. スパムチェックゲートウェイサービス>
  5. よくあるご質問

スパムチェックゲートウェイサービスよくあるご質問

よくあるご質問

お申し込み・ご変更・ご解約について

Q1:スパムチェックゲートウェイサービスのみ加入することはできますか?
A1:いいえ。回線サービスに加入している必要があります。
Q2:他社の回線サービスに加入していても、スパムチェックゲートウェイサービスに加入することはできますか?
A2:弊社回線サービスに加入しているお客さまのみご加入いただけます。
また、スパムチェックをうけるメールサーバには、弊社が代行したグローバルIPアドレスを使用している必要があります。
Q3:スパムチェックゲートウェイサービスの導入には、設定変更などが必要ですか?
A3:はい。メールサーバのフォワード設定、DNSのMXレコードの変更などが必要になります。スパムチェックゲートウェイサービスにご加入していただいた方には設定例マニュアルをお渡しします。
Q4:ウィルスチェックゲートウェイサービスに加入していますが、設定変更は必要ですか?
A4:ウィルスチェックゲートウェイサービスにご加入いただいている場合は、利用されているメールサーバへのスパムチェックゲートウェイサービスに伴う設定変更はありません。
Q5:申し込み後、どれくらいで利用できるようになりますか?
A5:現在、弊社の回線サービスに加入し開通済みのお客さまの場合は、お申し込み日から10日後以降の希望日にサービス提供を開始することができます。
回線サービスと同時にお申し込みのお客さまの場合は、回線の開通日に合わせてサービスを開始いたします。
Q6:申し込み内容に変更が生じた場合、申告は必要ですか?
A6:必ず申請をしてください。メールサーバのドメイン名やIPアドレスの変更の場合には、スパムチェックが行われないだけでなく、メールが届かない場合があります。
Q7:変更はすぐにできますか?
A7:ご変更・ご解約の場合は、1ヶ月前までに弊社指定の書類を提出する必要があります。
Q8:自社のメールサーバがトラブルなどで使用できなくなった場合、受信したメールはどうなりますか?
A8:2日間の範囲で再送しつづけますが、その後は送信者にエラーとして返します。
Q9:メールサーバで複数のドメインを使用していますが、そのドメインのうち1つだけ加入してもよいのでしょうか?
A9:スパムチェックゲートウェイサービスを利用するためのメールの転送設定を行うと、多くのメールサーバの仕様では、メール送信時にすべてのドメインで転送を行ってしまいます。そのため本サービスでは、全ドメインを申し込んでいただく必要があります。
Q10:特定ドメインからのメール中継を許可しているのですが、加入できますか?
A10:加入できます。メールの中継については、お客さまメールサーバの中継設定をそのままご利用いただけます。ただし、使用する送信元ドメイン名はすべてお申し込みください。
また、お申し込みいただいたメールサーバが、スパムメールの踏み台などの不正な中継を行っていることを弊社が発見した場合には、問題が解決されるまでお客さまメールサーバからのメール中継を止めさせていただくことがありますので、中継設定には充分ご注意いただきますようお願いします。
Q11:スパムチェックゲートウェイサービスのオプション機能(削除オプション)を変更するにはどうすればよいですか?
A11:設定変更をお申し込みしていただく必要があります。変更方法については、お客さまサポートサイトをご覧ください。

料金について

Q1:複数ドメインを使用している場合、料金はどうなりますか?
A1:複数ドメインによるサービスパックの共有はできません。お申し込みのドメイン毎に、それぞれ別のサービスパックが必要です。
また、サブドメインにつきましても1ドメインとして同様の扱いとなりますのでご注意ください。
Q2:初期加入時に必要な料金はどのくらいですか?
A2:初期加入時には設定登録料5,000円(税抜)と、お申し込みメールアドレス数に応じたスパムチェックの利用料が必要です。
スパムチェックの利用料は10メールアドレス毎に月額2,000円(税抜)となっています。
Q3:加入後のサービスパック数の変更はできますか?また、その場合の料金はどうなりますか?
A3:変更できます。サービスパック数のみの変更の場合には、設定変更手数料はかかりません。変更方法については、お客さまサポートサイトをご覧ください。
Q4:回線サービスを解約した場合はどうなりますか?
A4:スパムチェックゲートウェイサービスも自動的に解約となります。その場合解約月の料金は、解約日までの料金を日割りで請求いたします。

スパムチェック動作について

Q1:スパムの判定は、どう行われますか?
A1:bit-driveデータセンター内のスパムチェックゲートウェイサーバにて行っています。
165を超える国の18億人以上の登録ユーザーにから1日あたり380億通のサンプルデータから生成され、業界最高水準のスパム検知率を誇るCloudmark社のスパム判定エンジンを採用しています。
Q2:スパムと判定されたメールはどうなりますか?
A2:スパムと判定したメールは、標準オプション時は以下の内容を挿入し、そのままお客さまのメールサーバに配信します。
  • 件名:[spam]
  • メールヘッダ:X-spam:spam check by bit-drive
削除オプションをお申し込みのお客さまにつきましては、お客さまのメールサーバには配信されず、削除されます。
削除されたメールにつきましては、翌日ユーザさま毎に削除されたメールの一覧(送信時刻、送信元アドレス、件名)を配信いたします。
Q3:誤判定はないのですか?
A3:変異種も含めたすべてのスパムメールを、自動で瞬時に検知する「Advanced Message Fingerprinting」と呼ばれる技術を搭載しています。 スパムメールの内容や言語ではなく、メール中で変更不可能な部分に焦点を当てスパムメール特有の特徴を抽出した情報である「フィンガープリント」がデータベースに登録されます。この自動化のアプローチにより、スパムメールによる攻撃を遮断し、誤検知率は極力抑えています。
Q4:すべてのメールをチェックできますか?
A4:分割されたメールや暗号化されたメールもスパムエンジンによる判定を行います。
Q5:スパムは必ず発見できますか?
A5:変異種も含めたすべてのスパムメールを、自動で瞬時に検知する「Advanced Message Fingerprinting」と呼ばれる技術を搭載しています。 スパムメールの内容や言語ではなく、メール中で変更不可能な部分に焦点を当てスパムメール特有の特徴を抽出した情報である「フィンガープリント」がデータベースに登録されます。この自動化のアプローチにより、スパムメールによる攻撃を遮断し、誤検知率は極力抑えています。
Q6:スパム判定が可能な言語は?
A6:スパムメールの判定方式が言語や文章に依存しておりません。英文に代表されるシングルバイトのスパムメール同様に、日本語をはじめとしたダブルバイトのスパムメールにも高い検知率を示します。
Q7:削除オプションで誤判定された場合、どう対応すればよいですか?
A7:ホワイトリスト設定機能で、誤判定されたメールのfromアドレスドメインを登録することにより、以後メールを受信することができます。
ホワイトリスト設定機能は、お客さまサポートサイトよりメールチェックゲートウェイ欄の各種管理画面ログインよりご利用できます。
お客さまサポートサイト メールチェックゲートウェイサービス 各種管理画面ログイン
(閲覧にはアカウントNo.とパスワードが必要です。)
Q8:ホワイトリスト設定とはどのような機能ですか?
A8:スパムチェックゲートウェイサービス、削除オプションをご利用のお客さまのみご利用できる機能です。
ホワイトリスト設定とは、スパムチェックに関係なく、受信許可とする送信元メールアドレスのドメインを管理する機能です。スパムチェックで誤判断された場合でも、ホワイトリスト設定に登録しておくことで、メールを受信することができます。
ホワイトリスト設定機能は、お客さまサポートサイトよりメールチェックゲートウェイ欄の各種管理画面ログインよりご利用できます。
お客さまサポートサイト メールチェックゲートウェイサービス 各種管理画面ログイン
(閲覧にはアカウントNo.とパスワードが必要です。)
Q9:添付ファイルの容量制限はありますか?
A9:お客さまのメールサーバで送受信できる添付ファイルサイズは100MBまで(圧縮ファイルの場合も展開後ファイル量が100MB以下)に制限されます。

サービスご利用のための設定方法について

Q1:スパムチェックゲートウェイサービスを利用するには、どのような設定が必要ですか?
A1:メール受信時にスパムチェックゲートウェイを通す設定
お客さまのドメインのDNS設定のMXレコードを、スパムチェックゲートウェイに設定してください。スパムチェックゲートウェイからお客さまのメールサーバまでは、静的配送を行います。
Q2:設定しましたが、スパムメールがスパムと判定されません。どうしてでしょうか?
A2:メール受信
DNSの設定が伝播するには時間がかかるため、スパムチェックゲートウェイサーバを通過していない可能性があります。DNSの設定が反映されてから徐々にご利用いただけます。
Q3:特定のメールアドレスだけにスパムチェックをすることはできますか?
A3:いいえ。お申し込みの際は、そのドメインを利用しているすべてのメールアドレスの数でお申し込みください。
Q4:スパムチェックをすることで、メール送受信に遅延が生じることはありますか?
A4:お客さまに届くメールは一度、スパムチェックゲートウェイでスパムチェックを行ってから配送されます。そのため、お客さまのメールサーバに直接メールを配送するのに比べて、スパムチェックを行う分の時間が必要となりますが、遅延はほぼ生じません。
Q5:メールマガジンの配信など大量のメール送信に利用できますか?
A5:大量メール配信に対する制限がありますのでご注意ください。
スパムチェックゲートウェイの処理能力を超える大量のメールを継続して受信する状態となった場合は、サーバ高負荷によるメール配送遅延(障害)が発生します。メール配送遅延障害によりほかのお客さまへの影響が発生した場合、サーバの動作を保護するため大量メールを送信されているお客さまのメールにつきましては、スパムチェックゲートウェイでの受付を一時停止させていただきます。
メールマガジンなどの大量メール配信の際は、配送経路を変更していただきますようお願いします。
Q6:メールサーバをIPv6に対応するつもりですが、どうすればいいですか?
A6:サービスタイプをIPv4/v6タイプに変更してください。また、サービスタイプの変更申し込みの際、お客さまのメールサーバのIPv6アドレスを申込書に記載してください。

ユーザの環境について

Q1:スパムチェックゲートウェイサービスを利用できるメールソフトは限られますか?
A1:スパムチェックはゲートウェイで行いますので、メールソフトには依存しません。
Q2:スパムチェックゲートウェイサービスを利用できるパソコンのOSは限られますか?
A2:スパムチェックはゲートウェイで行いますので、パソコンのOSには依存しません。Windows、Macintosh、UNIXなど、OSの種類に関係なくご利用いただけます。
Q3:スパム対策ソフトと比較してこのサービスのよいところは?
A3:スパム対策ソフトを導入していても、スパム定義ファイルを頻繁に更新しているか、正しい設定を行っているかが重要になります。スパムチェックゲートウェイでは、毎日自動的に最新のスパム定義ファイルへの更新を行いますので、更新のし忘れなどの恐れがありません。
Q4:IPv4/v6タイプを利用するには、社内LANもIPv6にする必要がありますか?
A4:ユーザのPCとお客さまのメールサーバの通信は、これまで通りIPv4でも問題ありません。また、IPv4ではなくIPv6を利用しても問題ありません。
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. セキュリティ>
  4. スパムチェックゲートウェイサービス>
  5. よくあるご質問