1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. セミナー・イベント>
  3. ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは

セミナー・イベント

【クラウドに向けてはじめの一歩 ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは】
セミナーは終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

クラウドに向けてはじめの一歩
ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは

  • 2011年10月20日・10月25日
  • 東京コンファレンスセンター品川・ハービスPLAZA

「クラウドコンピューティング」は、ハードウェアやソフトウェアを必要以上に自社所有するのではなく、サービスとして利用することで、企業ITシステムの利用効率やコストを最適化するモデルです。この「所有から利用へ」という潮流は、大企業のみならず、中堅中小企業、更に言えば一人で奮闘している情報システム担当者にこそ実利のある考え方であるといえます。

「クラウドコンピューティング」は、開発環境のスクラップ&ビルドに適した範疇が先行していますが、ここにきてネットワークを含めた統合的なサービス、社内のITインフラそのものであるクラウド型サービスへの注目が高まっています。本セミナーを通じ、ITインフラのクラウド化に向けて現実解を探ります。

セミナー内容

大阪
bit-drive
[主催者セッション]
事例から見る どのような課題をどう解決したか
「運用負担を軽減したい」、「ビジネス継続性を支えるIT基盤にしたい」、「ネットワークの管理性を高めたい」。IT基盤にかかる問題は様々です。数多くの導入事例から、課題解決の方向性を探ります。
講師:ソニービジネスソリューション株式会社
TIS
[パートナーセッション]
IaaS導入の?を解消するポイント
IaaSの活用を検討されるお客さまから数多くの疑問や不安の声をよく聞きます。本講演では、どのような基準で性能、機能、構成を選択していけば良いのか? 移行にあたりどのような作業、手順が必要なのかをご紹介いたします。
講師:TIS株式会社
[特別ゲストセッション]
スマートフォン&タブレットでクラウドの利用シーンを拡大する
モバイル端末向けリモートアクセスや企業間ファイル共有システムなど、クラウドの利用シーンを拡大する各種ソリューションをご紹介します。
講師:株式会社プロット
東京
町田印刷株式会社
[事例セッション]
「まとめて預けたら今までの苦労が全て解消しました」
「これからはITインフラを自己所有する時代ではない。」という考えのもとクラウド化を進めている町田印刷さま。
クラウドへ舵を切る前の課題、導入後の効果、そして、今後の構想などを語っていただきます。
パネリスト:町田印刷株式会社
TIS
[パートナーセッション]
IaaS導入の?を解消するポイント
IaaSの活用を検討されるお客さまから数多くの疑問や不安の声をよく聞きます。本講演では、どのような基準で性能、機能、構成を選択していけば良いのか? 移行にあたりどのような作業、手順が必要なのかをご紹介いたします。
講師:TIS株式会社
bit-drive
[主催者セッション]
仮想プライベート型クラウドサービスが解決できる課題
アンケート調査により収集したITインフラに関する情報システム担当者さまの悩みを説明し、それをどのようにアプローチして解決するべきかをご紹介いたします。
講師:ソニービジネスソリューション株式会社
開催地 東京 大阪
日程 2011年10月20日(木) 終了 2011年10月25日(火) 終了
時間 15:00 ~ 17:30(14:30 受付開始) 終了 15:00 ~ 17:30(14:30 受付開始) 終了
会場 東京コンファレンスセンター品川 403号室
地図リンク
ハービスPLAZA 5階 8,9号室
地図リンク
対象者 企業のシステム運用・管理に携わる方
主催等 主催:ソニービジネスソリューション株式会社 bit-drive事業ユニット
協賛:TIS株式会社
定員 40人 40人
参加費 無料
  • ※当日は受け付けにてお名刺をお渡しください。
  • ※同業者の方につきましては、参加はご遠慮ください。

bit-driveお問い合わせ先

bit-driveインフォメーションセンター
フリーダイヤル 0120-614-006 (携帯電話・PHSからでもOK)
【受付時間】9:00~18:00 ただし、土日・祝日・夏季休暇・年末年始を除く
bit-drive インフォメーションセンターお問い合わせフォーム

  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. セミナー・イベント>
  3. ほぼひとり情シスにとってのIT基盤とは