1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. Windows Server 2003 移行支援サイト>
  3. サーバOS移行支援ツール

サーバOS移行支援ツール
富士ソフト株式会社製
「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」

サーバOS移行支援ツールとは

Windows Server 2003から2008または2012にアップグレードする際に問題となるのは互換性です。しかし、システムの対応状況の確認や動作テストには相当な期間とコストが必要となります。さらに、移行対象サーバの互換性問題に関するナレッジが整理されていない場合には、現行サーバと同一の環境を再現するのも困難です。
「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」はそのような移行OSアップグレードに伴う互換性問題を吸収し、2003サーバの環境を2008または2012に移行するサービスです。

製品概要

Windows Server 2003 らくらくアップグレード 変換PCを使い仮想イメージ(VHD/VMDK)を生成 Windows Server 2008 or 2012

「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」はOSアップグレードに伴う非互換問題を吸収し、仮想イメージ(VHD/VMDK形式)でご提供するサービスです。
マイクロソフト社より提供されている互換性情報を元に、非互換ポイントに対して独自の手当てを施し、高い互換性を確保して新しいOS環境へ移行します。

移行にかかる期間は
最短2日

3ステップでの簡単移行

  • (1)サーバ環境引き継ぎ
  • (2)オプション化した
     モジュール再導入
  • (3)互換性の為のオプション設定

従来のサーバ移行に
かかる費用と比較し、
約1/10までコスト削減

移行先はクラウドでも
仮想化基盤でも
自由に選択可能

製品仕様

製品名 らくらくアップグレード for Windows Server 2003
販売元 富士ソフト株式会社
価格 600,000円(サーバ1台)
対応OS 移行元:Windows Server 2003 32bit ⇒ 移行先:Windows Server 2008 32bit
移行元:Windows Server 2003 64bit ⇒ 移行先:Windows Server 2008 ~ Windows Server 2012 R2(全て64bit)
移行内容 ファイル、権限、ユーザー、レジストリ設定、サービス、役割と機能など
その他 対応OSは日本語版のみの対応となります。
.NET Framework 1.1以上
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. Windows Server 2003 移行支援サイト>
  3. サーバOS移行支援ツール