お悩み1:通信速度が遅い、お悩み2:クラウド接続が不安、お悩み3:運用・保守が大変

と、悩んでいる担当者様へ

例えば、こんな課題・要望を抱えていませんか?

  • 帯域を広げたい
  • 通信速度を上げたい
  • 各社のサービスを導入した結果、システム構成管理が煩雑
  • 障害が起きたときは各社のサポートデスクに連絡して故障箇所と原因調査

従来の場合

その課題、マネージド閉域接続サービスが解決します!

  • 1Gbpsをローコストで使える閉域ネットワーク
  • 2つの閉域網で冗長化を実現
  • 拠点⇔クラウド間の閉域接続、クラウドインテグレーションをワンストップで提供
  • 独自開発の管理ポータルでネットワークのトラフィック状況からルータの設定、監視まで一元管理が可能
  • 24時間365日、全国でのオンサイト保守にも対応

マネージド閉域接続サービスの場合

〈通信速度が遅い〉というお悩みには

1Gbps・広帯域

独自網

「NURO閉域アクセス」はNUROの独自網をベースとした閉域網です。上り下り最大1Gbpsと広帯域の回線を提供。速くて快適なネットワークを利用できます。

広帯域&冗長化

2つの閉域網で回線冗長をワンストップで実現します。万が一トラブルが発生しても、片方の閉域網を使い続けることが可能です。

2つの閉域網

「NURO閉域アクセス」と「Smart閉域アクセス」の2つの閉域網サービスを提供します。用途に合わせて柔軟に組み合わせた構成が可能です。

NURO閉域アクセス

NUROの閉域網を利用し、上り下り最大1Gbpsの高速通信を実現

標準で10Mbpsの帯域を確保

Smart閉域アクセス

ダークファイバーを利用した高品質な回線と、全国をカバーしたフレッツを利用するアクセス回線を提供

〈クラウド接続が不安〉というお悩みには

マルチクラウド接続

クラウドまでワンストップ

AWSやAzureといったクラウドを利用する際に課題となるのが、拠点とクラウドをつなぐネットワークです。基幹システムなど業務に欠かせない重要なシステムやデータをクラウドに移行するケースも増え、セキュリティに加え、広帯域で安定して使えることも重要な要件になります。マネージド閉域ネットワークなら、拠点からクラウドまでワンストップで接続し、広帯域でセキュアなネットワークを実現できます。

〈運用・保守が大変〉というお悩みには

拠点内ルータまでマネージド

マネージド化

閉域ネットワークの回線はもちろん、拠点内に設置するルータまでマネージド型で提供します。独自開発した管理画面「クラウドポータル」を標準で提供します。ネットワークのトラフィック状況などとあわせて、ルータの監視・設定まで管理できます。ネットワーク全体の状況をまとめて把握できるため、トラブル発生時の対応もスムーズに。さらに、クラウド(AWS)環境の管理も可能で、ネットワークからクラウドまで一元管理を実現します。

管理ポータルで運用も手軽に

拠点ルータ監視画面

全拠点のWAN1、WAN2のトラフィック情報、CPU使用率、メモリ使用率を最長過去1年分のデータでグラフ表示することができます。

拠点ルータ設定画面

拠点ルータのインターフェース設定、DHCP設定、ルーティング設定をすることができます。

24時間365日対応のオペレーションデスク

24時間365日体制で有人監視・保守技術サポートをおこなうオペレーションデスクを設置します。お客さまへ伺ってのオンサイト保守にも対応し、多面的かつ安定的なシステム運営をサポートします。

お問い合わせ・資料請求はこちら

0120-614-0069:30~18:00(土日祝、年末年始除く)

フォームからお問い合わせ