1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. SaaS>
  4. Office365サービス

SaaSOffice365サービス

生産性向上を実現!働き方改革に効く!
Office365サービスに切り替えしませんか?
お客様にとって最適なOffice365ライセンスやオプションサービスの選定やOffice365の環境構築を提供しています。また、小規模なライセンスのみの提供やISP事業者としてネットワークも含む総合的な提案も可能です。

Office365サービスとは

Office365は、幅広いサービスを利用できること。大きくWord/Excel/PowerPointなどの「Officeアプリケーション」と、「コミュニケーション基盤」の2つに分けられます。
コミュニケーション基盤には「Exchange(メール)」や「Skype for Business,Teams(チャット、ビデオ会議)」、「SharePoint(ファイル共有サービス)」などが含まれます。

officeアプリケーション ファイル共有サービス コミュニケーションツール メールサービス

Office365の特長

1. いつでもどこでも進化した最新のOfficeが使える

これまでのように新しいバージョンへの買い替えは必要なくなります。クラウドでつながっているから、デバイスが変わっても、いつもの個人設定、いつものファイルが使えるOfficeライセンスはポータル画面で保有数、割り当ての確認が可能です。

2. メールやビデオ会議などのグループウェアも使える

ファイル共有サービスSharePointやコミュニケーションツールTeamsなどもあわせて提供され、いつでもどこでも仕事ができる環境を実現します。

3. 以前のOfficeも使えるから互換性を気にせずすばやく移行できる

Office2007、2010をアンインストールせず、最新版をインストール可能。万一最新版で動作しないアドインがあっても以前のバージョンを利用できます。

4. クラウドからの自動展開でアップグレードがスムーズ

アップグレード、セキュリティ更新ファイル適用は、自動化で行います。

5. ライセンス費用削減が期待できる

従来のパッケージ版では、ライセンスとPCを紐づけて管理しなければなりませんでしたが、利用するユーザー数、月の支払いでニーズにあわせてライセンスを柔軟に増減することもでき、管理負荷を大幅に軽減できます。Officeライセンスはポータル画面で保有数、割り当ての確認が可能です。1ユーザ15端末(PC5台、タブレット5台、スマートフォン5台)までご利用可能です。

office

Officeライセンスはポータル画面で保有数、割り当ての確認が可能です。1ユーザ15端末(PC5台、タブレット5台、スマートフォン5台)までご利用可能です。

従来型Officeとの違い

従来型Office Office365
インストール
インストール可能台数(1ユーザあたり) 2台 PC 5台
タブレット 5台
スマートフォン 5台
オンライン版Office ×
オンラインストレージ × 1TB提供
ライセンス管理 Excel管理など煩雑になりがち ポータル画面でらくらく管理
ダウングレード ×

世界最大のメール容量

Exchange

メールボックス容量100GB(最大)、メールアーカイブ容量無制限(最大)の豊富な容量の他、スケジュール管理機能や施設予約機能も利用できます。

Exchange Online

Exchange Online Plan1 Exchange Online Plan2
メールボックス容量 50GB 100GB
アーカイブメールボックス 50GB* 無制限
データ損失防止(DLP)
(データ流出防止)
Microsoft Outlookの利用
Active Sync
  • * Exchange Online Archiving for Exchange Onlineの追加で無制限にできます。(月額330円/ライセンス)

容量豊富な個人用ストレージと共有ストレージ

OneDrive for Business SharePoint

個人ストレージとしてご利用いただけるOneDriveは1TBの豊富な容量をご利用可能です。
OneDriveに保存したファイルには場所やデバイスを問わずアクセスでき、どこにいても仕事を進めることができます。
また、ファイル共有としてご利用いただけるSharePointは容量無制限(最大)のほか、ファイル世代管理やアクセス権限設定も可能です。
SharePointは、単なる「ファイル置き場」ではありません。高機能なワークフローエンジンを搭載しており、申請・承認などフロー作成に必要なモジュールがひと通りそろっています。イチからフローを作成するのはある程度のスキル・知識が必要ですが、テンプレートなどが提供されていることも。経費・交通費精算など、ニーズにあったものが探して使えます。

気軽なチャットから設備不要でテレビ会議まで

Skype for Business Microsoft Teams

チャットや音声通話、ビデオ通話の他にもExchange Onlineのスケジュールと同期して在籍確認(プレゼンス)ができます。

料金

Office365 Business

ユーザ数300名以下の一般企業(中小企業)向けには、Office アプリケーションのみの「Office 365 Business」、コミュニケーション基盤のみの「Office 365 Business Essentials」、すべて利用できる「Office 365 Business Premium」の3プランが用意されています。

項目/製品名 Office365 Business Essentials Office365 Business Office365 Business Premium
価格 月額/ライセンス 540円 900円 1,360円
規模 ライセンス数上限 300名以下
Office クラウド利用
インストール
クラウドサービス Exchange Online
Skype for Business,
Teams
SharePoint
OneDrive for Business

Office365 Enterprise

項目/製品名 Office365
E1
Office365
ProPlus
Office365
E3
価格 月額/ライセンス 870円 1,310円 2,180円
規模 ライセンス数上限 無制限
Office クラウド利用
インストール
クラウドサービス Exchange Online
Skype for Business,
Teams
△*
SharePoint
OneDrive for Business
  • * クライアントのみの提供になりますので別途Skype for Businessライセンスの購入が必要です。

Exchange Online

項目 Exchange Online
Plan1
Exchange Online
Plan2
価格 月額/ライセンス 440円 870円
容量 メールボックス 50GB 100GB
アーカイブ 50GB* 無制限
Data Loss Prebention(DLP) 機密情報(銀行の口座番号、クレジットカード番号等)の漏えい防止機能
  • * Exchange Online Archiving for Exchange Onlineの追加で無制限にできます。(月額330円/ライセンス)

導入・構築メニュー

内容 価格
Office365
導入・構築サービス
リモートでのユーザ登録、DNS設定などを実施します。 別途見積り
オンサイト設定
オプション
オンサイトで導入・構築サービスを実施します。 別途見積り
  • 記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。

サービスご提供条件

最低利用期間 1カ月
※以降、1カ月毎の契約自動更新となります。
※最低利用期間内で解約の場合でも月額利用料をお支払いいただきます。
  1. クラウドサービスのbit-drive TOP>
  2. サービス/ソリューション>
  3. SaaS>
  4. Office365サービス